金銭消費貸借契約証書の内容

 金銭消費賃借契約とは、債務者が債権者からある金額を受けて、その金額と同じ額を返還する約束にまります。
消費賃借契約は要物契約が特徴です。要物契約とは何かというと、目的物を授けたり受け取ったりということが契約の上での成立条件となるものです。
ここで、実金銭消費賃借契約のときに、抵当権といったものが条件に入る場合、登記完了後にお金を借りることができるというものです。

 単なる借用書と、金銭消費賃借契約書とは同じではありません。金銭消費貸借契約証書の内容は、借用書と代わりがないのですが、金銭消費賃借契約書では、借り主・貸し主が当事者ということで、 署名して、押印(あるいは記名と署名)する必要があります。これに対して借用書は、借り主が貸し主に差しいれるという形をとるということが違います。

 サンプルをみると、第1条〜第6条まで記録され、正式な契約書のフォームをとっています。
ここで、ポイントは、担保物件を撮らないという場合は、念のため強制執行認諾条項付の公正証書にしていた方が、安全なようです。
債務が実行されない場合に、裁判手続きをしなくても、強制執行によって、債権の回収が可能だそうです。自分で作ったり、専門家以外で作られたものは心配だという場合は、 弁護士や司法書士、行政書士に相談するとよいでしょう。ネットからも相談できます。


参考サイト

楽天銀行カードローン審査!借り入れの口コミ・評判【最短即日融資】
楽天銀行カードローンはキャッシングの中でもサービスの評判がとても良いですね。
ただし審査が甘いのか厳しいかも申し込むときに気になります。
こちらのサイトで審査ポイントを確認しましょう。

Copyright (C) 金を借りるならガイド All Rights Reserved