返済比率と家計

 ローン利用時で、一番気になる大切なことは、返済比率ですが、住宅ローンの審査の際に、審査がとおるかどうかのキーとなります。
審査では、どういったところがチェックされるかというと、年齢、就職先での勤続年数、年収、団体信用生命保険に加入しているかどうか、 担保物件の評価額、返済比率、他に借金をしているかどうかといったことが、確認項目の中に入っています。

 このなかで、最も大切なのが、返済比率です。返済比率は、1年間の元利金等返済額の年収における割合をさしますが、では、どういった計算式になるのでしょうか。
1年間の元利金など返済額を税込み年収で割って、100をかけたものが、返済比率になります(%で表します)。
ほとんどの銀行では、35%〜40%が上限に設定されているようです。ですから、返済比率と家計というのは大いに関係があるわけですよね。

 元利金等返済額には、これから利用したい住宅ローンと、これまですでに利用している他のローンなどの返済額も含みます。
審査の基準が35%以下の場合だと基準を満たすということになりますから、返済比率の基準はクリアしていると考えてよいでしょう。
これらのことを考慮に入れ、家計費や必要経費などを考えて、ローンを組んでいく必要があります。
余裕をもって返済していくためにも、この計算を怠ると、返済が苦しくなってしまうということも大いに考えられます。


関連サイト

モビット即日融資!Web完結申し込み審査の流れ【在籍確認なし?】
モビット審査は緩いのか確認してみましょう。
審査にはポイントがあるので、確認をしたうえで診断をしてから申し込みされることをおすすめします!
www.cardloan-webkanketsu.com/

Copyright (C) 金を借りるならガイド All Rights Reserved