個人の与信調査

 個人の与信調査とは、信用調査のことですが、住宅ローンを組むときに借りる人の返済能力があるかどうかを調べるものです。
例えば、消費者ローンなどの利用状況やクレジットカードの利用状況などを調べられて、金融機関が貸し倒れすることにならなにように、借りる個人の信頼度を確認するためのものです。
たとえば、カードなどを利用して、延滞していないかどうか。1度ぐらいの入金漏れなどは入りませんが、入金せずに滞っていたり、数度の請求があったりと、返済態度の誠実さが問われます。

 また、他の金融機関からお金を借りていないかどうかということも調べられます。
もちろん銀行だけではなく消費者金融から借りているかどうかの履歴もチェックされます。
もし、ブラックリストに記載されていたりする場合や、延滞記録があったという場合は、融資が受けられない可能性が高くなりますので、充分注意が必要です。

 では、調査機関とはどういうところがあるのでしょうか。 まず、全国信用情報センター連合会というところは、消費者金融業者などからのメンバー構成されていますので、消費者ローンについての利用状況を確認できます。
次に、全国銀行個人信用情報センターというのがありますが、名前のとおり、銀行系のクレジットやローンの状況がわかります。
最後に、CICというところがありますが、これは、デパートや信販会社、クレジット会社、自動車ディーラーなどで構成されていて、一般的なクレジットカードの利用などの状況が登録されています。


カードローンの参考サイトはこちら

ほのぼのレイク審査厳しい?レイク審査申し込み窓口
口コミでも人気のほのぼのレイク。気になるその評判は?
審査の詳しい内容や、知っておくべき知識を大公開!
www.sinsakutikomi.com/

Copyright (C) 金を借りるならガイド All Rights Reserved