担保評価額と担保掛け目

 担保掛け目とは、銀行などの金融機関が、お金を貸し出すときに、貸すための担保物件を評価するときの比率(掛け目)をいいます。
通常、融資を行うときは、担保物件が必要な場合があり、その資産価値がどれほどのものか、融資したお金が返済にならなかったときに、担保物件を回収するにあたって、資産価値が返済に見合うものであるかどうかということを判断することが必要です。
つまり、担保評価額を適切に決めなければいけないということになります。

 担保評価額と担保掛け目の計算ですが、一般的に、担保の時価評価額×担保掛け目という計算式になります。
この掛け目は、確実に回収できることを想定しなければいけませんので、預金の場合であれば100%の同等価値、株式であれば、上場企業のもので80%〜90%(変動を考慮に入れるため)、 不動産は70%〜80%(こちらも変動や資産価値の変動などを考慮に入れる)という比率になっています。

 ですから、融資などを受けるときの担保物件は、その融資額と担保物件の評価資産価値がみあったものでなければいけないということですね。
たとえば、もっている物件を売ったときのお金の金額を考えるとわかりやすいのかもしれません。
資産価値が低ければ、それなりの金額にしかなりませんし、新興住宅街でこれから資産価値があがるといった場合は、担保にしても有利でしょう。


ローンの参考サイトはこちら

じぶん銀行カードローン審査!即日融資申込み【24時間スマホ対応】
じぶん銀行カードローンの審査に通過したい人は必見!
簡単に通過するための3つのポイントを紹介しています。
www.ginkou-cardloan-shinsa.com/

Copyright (C) 金を借りるならガイド All Rights Reserved