金を借りるなら

 お金を借りるなら、少しでも金利が安い金融機関で借入れを行うほうが、その後の返済の負担も軽減させる事が出来ます。
少しでも低金利で融資を受けたいと思うのであれば、借入比較、検討をする事が重要です。

 最近では色々な金融機関があり、返済方法や、金利タイプも異なります。
その中で自分の経済状況に合った借入先を選出することは難しい事ではありますが、借入先比較検討することで、金利の比較をする事が出来ます。
そこで低金利の借入先を選択し、借入を行った方が、総返済額も極力抑える事が出来ますので、ぜひ比較、検討を行うようにしましょう。
また、借り入れ審査についてですが、借入を行う金融機関や、使用用途によって審査の基準は異なります。
住宅ローンのような金額の大きいローンの審査は、少々審査が厳しいと言えますが、キャッシングのような気軽に利用出来る借り入れ方法はお金を借りる審査が甘いと言う事もあります。
借り入れ審査は、貸付を行う業者が個人信用情報機関に、借入する個人の情報を確認します。
個人信用情報には、本人の氏名、年令、職業、住所などの基本情報の他、現在の債務状況、過去の返済状況、過去の返済事故情報などのが登録されています。

 また、改正賃金業法により、年収の3分の1の金額以上の借り入れは出来ません。
これを総量規制と呼ぶのですが、現在どのくらいの借金があるかと言う事も個人情報として登録されてあり、年収の3分の1の借り入れがある場合は、借り入れする事は出来ませんのでご注意ください。
総量規制は、消費者金融業者や、クレジット会社、信販などの一般的な貸付業者で融資を受けるものを対象にしています。
銀行は銀行業法により貸付業が異なりますので、総量規制の対象には成りません。
仮に総量規制の対象になっている場合、住宅ローンが組めなくなってしまいます。
この不景気の最中、何千万円の金額が年収の3分の1と言う事は、ほとんどいるはずもなく、まず難しい話ですから。
その為、住宅ローンを扱っている銀行などは総量規制の対象となっていないのです。

 お金を借りるなら、無知のまま融資を受けてしまうと、後で困難な状況に陥ってしまう場合もありますので、少しでいいですので、お勉強をして知識を付けてから借入する事で、スムーズに融資を受ける事が出来ます。
また、詐欺業者を見極めるためにも知識を付けていた方が、被害に合わずに済みますので、基本的な知識は身につけるようにしましょう。
この場合の詐欺業者とは、闇金業者のような悪徳な貸付業を行っている業者の事を指します。


関連リンク

金を借りるならガイド
お金を借りるなら、少しでも金利が安い金融機関で借入れを行うほうが、その後の返済の負担も軽減させる事が出来ます。
資金を貯めておくことができなかったという場合に
自動車免許を取得するにも費用がかかりますが、オートローンで自動車免許取得するという方法もあります。
早い段階で相談することをおすすめします
住宅ローンの延滞状況によっては、購入した住宅を処分して返済にあてるという方法もありますが、それが可能かどうかといったことや、様々な状況から、最善策を提案してもらうことができます。
担保の時価評価額×担保掛け目
担保掛け目とは、銀行などの金融機関が、お金を貸し出すときに、貸すための担保物件を評価するときの比率(掛け目)をいいます。
返済能力があるかどうか
個人の与信調査とは、信用調査のことですが、住宅ローンを組むときに借りる人の返済能力があるかどうかを調べるものです。
返済比率と家計というのは大いに関係がある
返済比率は、1年間の元利金等返済額の年収における割合で、1年間の元利金など返済額を税込み年収で割って、100をかけたものです(%で表します)。
金銭消費貸借契約証書
金銭消費貸借契約証書の内容は、借用書と代わりがないのですが、金銭消費賃借契約書では、借り主・貸し主が当事者ということで、署名して、押印(あるいは記名と署名)する必要があります。
綿密な計画と、自分の状況確認を整理し、融資までの準備と計画を
ローンと一口にいっても、状況や借りる形態によって、融資の形式や基準も異なってくるということになります。ローンを利用する場合には、綿密な計画と、自分の状況確認を整理し、融資までの準備と計画をしっかりとする必要があります。
年収の3分の1まで
貸金業法における総量規制とは、個人として借り入れるお金の総額が、原則として年収の3分の1までに規制されることをいいます。

Copyright (C) 金を借りるならガイド All Rights Reserved